おすすめのポケットWIFI | おすすめのポケットWifiはなに?

  5月26日 「おすすめのポケットWIFI」修正。
  5月24日 「自宅のWIFIとポケットWIFIの違い」修正。
  5月22日 「一人暮らしでポケットWIFIを使うなら」修正。

おすすめのポケットWIFI

ポケットWIFIおすすめランキング

ポケットWIFIの先生

ポケットWIFIやWiMAXの導入を考えているなら、たった3分であなたに最適な端末やプロバイダーが見つかります。ゴールデンウィークは終わってしまいましたが、5月のキャンペーンは今月末まで申し込めます。お得なキャンペーンを比較しましょう。

【注意】公式キャンペーン以外のページから申し込みをしてもキャンペーンは適用されないので注意して下さい。人気端末は予約が殺到するので余裕を持って申し込しこむことをオススメします。

プロバイダーのランキングを掲載するにあたり私が判断した基準について

当サイトのランキングは、通信品質やキャンペーン特典、月額料金という誰でもリーチできる情報とプロバイダーの顧客への対応、IT業界内の評判などの外部にあまり知られていない情報を含んでいます。

また、新規でMVNOに参入したプロバイダーはバックボーンを含むITインフラが安定していないため掲載していません。端的に言ってしまうと不確実な部分が多いためリスキーです。

トラブルは避けたいので悪口を書くつもりはありませんが、他の方が運営している比較サイトやランキングサイトと順位が違うのはこのためです。

おすすめのポケットWIFI・WIMAXランキング 2017年5月

管理人・モバスケ
【目次】

  • ポケットWIFIとWIMAXの選び方
  • 通信速度制限について
  • 使い放題:おすすめのWiMAX
  • 使い放題:おすすめのポケットWIFI
  • データ利用制限あり:おすすめのポケットWIFI

ポケットWIFIとWIMAXの選び方

ポケットWIFIのサービスを提供するプロバイダーはたくさんあります。その中でも特にドコモやau、SoftBankなどのキャリアが提供するサービスは、データ通信費が高いためポケットWIFI単体でみると導入するのは現実的ではありません。

例えば、ドコモの回線(PREMIUM 4G®)は非常に優秀ですが、通信費用が高すぎて使えないワケです。

  • 「今、どの回線を選ぶべきなのか?」

現在、ユーザに選ばれているサービスは、回線の品質と価格のパフォーマンスが高いWiMAXと安いワイモバイル系のポケットWIFI・YahooWIFIです。

ドコモのMVNOである「スマモバ」は、通信速度規制が厳しいことから、WiMAXと比較すると厳しい評価になるのは否めません。

また、ワイモバイル系のサービスは安いけど、通信速度規制が厳しいというデメリットがあります。要するに、サービスの選び方をまとめると以下となります↓

  • 使い放題のサービスならWiMAX
  • 月間7GBまでのサービスなら安いYahooWIFI

通信速度制限について

ポケットWIFIだけでなくWiMAXにも通信速度制限があります。通信速度制限とは利用できなくなるのではなく速度に制限が掛かります。使い放題プランでも同じです。

ポケットWIFI WiMAX
データ通信量 3日で1GB【839万パケット】 3日で3GB10GB【2017年2月2日から新基準適用】
速度制限 128kbps YouTubeの標準動画が閲覧できるぐらい。【1Mbps

WiMAXの場合

2017年2月2日からWiMAXの3日間の通信速度制限が緩和されました。それ以前は3日で3GBのデータ利用で通信速度制限になっていましたが、現在では3日で10GB以上です。

制限時の通信速度は、youtubeの標準動画が閲覧できる速度・1Mbps程度です。3日で10GBなので、これまで以上にデータ容量を意識することなく利用できます。

もし、WiMAX2+とau 4G LTEのデータ利用の合計で3日間で10GBを超えてしまうと、翌日の18時から翌々日の2時まで通信速度制限になります。YouTubeの動画が閲覧できれば問題ない人が大多数だと思いますが、3日で10GBの制限のことは覚えておきましょう。

WiAMXの速度制限・3日で10GBはどれぐらい?

新基準の通信速度制限は1Mbpsです。これまでの通信制限時の速度と比較すると多少遅く感じるはずです。しかし、規制が掛かるまでのデータ容量を大幅に引き上げたことやyoutubeの標準動画が閲覧できる速度は維持してもらえます。

余程のヘビーユーザーではない限り、3日で10GBの制限自体に掛からないのではないかと思います。

データ容量3GBと10GBはどれぐらい違うのか?

インターネットにスマホやパソコンを接続すると、バックグラウンドで動いているアプリやソフトウェアもデータ通信をしているので、多少余裕をみて判断するべきです。

パソコンでWiMAXを使ったときのサンプルになります。スマホの場合は、もう少し容量が少なくて済みます。

WiMAXの通信速度規制
【3日】
データ量 3GB(旧基準WiMAX) 10GB(新基準WiMAX)
UQホームページ
(TOPページ)
約2.5M 約1,200回 約4,000回
テキストメール
(500文字)
約30KB 約100,000回 約333,333回
Youtube
(高画質HD 5分)
約60MB 約50回(4時間) 約166回(13時間)
Google Map
(6回ズームイン)
約3MB 約1,000回 約3,333回

新基準の10GBになると、youtubeのHD画質の動画が3日で13時間閲覧できるので、huluやnetflix、DAZNなどのストリーミングで映画やドラマを楽しむユーザでも問題ないはずです。

ポケットWIFIの場合

ポケットWiFiには3日間で1GBの制限があります。制限が掛かると朝6時から翌日6時までの間、128kbpsになります。昔のISDNの速度です。文字中心のサイトの閲覧は問題ありませんが、画像の多いサイトはかなりストレスを感じます。

通信速度制限が心配ならWiMAXをおすすめします。

使い放題【無制限】・おすすめのWiMAX

モバイルWIFIで使い放題といえばWiMAXです。ポケットWIFIと用途は同じですがWiMAXは選べるプロバイダーがたくさんあります。高額キャッシュバックや月額割引あるなどMVNOのキャンペーンが盛り上がりをみせています。

そこで問題は以下の2点です。順番にみていきましょう。

  • どのプロバイダーにするべきなのか?
  • どの端末を選ぶべきなのか?

WiMAX端末の選び方について

NEC製のWX03とhuawei製(ファーウェイ)のW04/W03が売れ筋商品です。私のおすすめはNECのWX03です。しかし、NECのWXシリーズ【WX03・02】は、au 4G LTEを利用できないというデメリットがあります。

田舎や電波の入りにくいエリアに住んでいるならWXシリーズ【WX03】ではなくhuaweiのW04、もしくはW03をおすすめします。

au 4G LTEのメリットとデメリットについて

au 4G lTEのメリットは利用エリアが広いことですが、もちろん、デメリットが存在します。ひとつめのデメリットはオプション料金が必要であることです。もうひとつのデメリットとしては、使い放題のサービスでも月間7GBの利用制限があることです。

  • au 4G LTEはオプションになる
  • 月間7GBまでしか利用できない

NEC製のWX03について

Speed Wi-Fi NEXT WX03

管理人一押しWIFIルーター。WX02の後継機種であるWX03は、WiMAX2+で4×4 MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)を実現したことで、下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsと通信速度が大幅に改善されています。

WiMAX2+のエリアが十分に拡大したことでWiMAX回線ではなく、WiMAX2+の回線のみを利用する端末です。WX03のクレードルは、拡張アンテナが搭載されているので自宅で利用する人は、ぜひ端末と一緒に申し込みましょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX03評価・レビュー
Speed Wi-Fi NEXT WX02評価・レビュー

huawei製(ファーウェイ)のW04について

w04とクレードル
新年度に向けてW04が発売されます。4×4MIMOとキャリアアグリゲーションを実現することで受信最大440Mbpsを実現しました。しかし、まだ全国対応しておらず、東名阪の対応エリアのみ。2017年4月末までに、全国の主要都市に拡大予定です。

Speed Wi-Fi NEXT W04の評価レビュー

huawei製(ファーウェイ)のW03について

speed-wifi-next-w03筐体
W02の後継機種W03は、最大370Mbpsの速度に対応するWiMAXルーターです。

Speed Wi-Fi NEXT W03評価・レビュー
Speed Wi-Fi NEXT W02の評価・レビュー

ポケットWIFIの先生

【端末の選び方をまとめ】公式キャンペーンサイトにあるWiMAX2+の対応エリアを確認して、電波状況が不安ならau 4G LTEに対応するhuawei製(ファーウェイ)のW04、もしくはW03。WiMAX2+のエリアに問題がないならWX03を選びましょう。

GMOとくとくBB WiMAX2+

キャッシュバックと月額割引の2種類のキャンペーン期間中。いつでも最高額のキャッシュバックを提供しているのがGMOです。ただし、受け取り条件は厳しいので注意して下さい。20日以内ならキャンセルできるので他のMVNOより気楽に申し込むことができます。

  • キャンペーン期間:2017年5月31日(水)まで
  • 20日以内ならキャンセル可能
  • 即日発送対応(キャッシュバックキャンペーンのみ)
公式サイト 評価・レビュー
公式キャッシュバックキャンペーンはこちら ↓


月額割引キャンペーンはこちら ↓

GMOとくとくBB WiMAX2+ 評価・レビュー
キャッシュバック受け取り方
キャッシュバックキャンペーン
WIFIルーター(WX03、W04、W03、W02、novas Home+CA、HOME L01、URoad-Home)無料
NEC製WX03は「キャッシュバック29,500円」
もしくは「26,000円+クレードル無料」
huawei製W04は「キャッシュバック31,000円」
もしくは「キャッシュバック28,200円 + クレードル無料」
W03は「キャッシュバック31,000円」
W02は「キャッシュバック32,000円 + クレードル無料」
huawei製Speed Wi-Fi HOME L01「キャッシュバック26,800円」
SHINSEI製ホームルーター・novas Home+CAは「キャッシュバック28,500円」
登録手数料は3,000円

月額3,609円(サービス開始月〜2ヶ月)
月額4,263円(3ヶ月〜24ヶ月)

月額4,263円(25ヶ月〜)

月額割引キャンペーン
キャッシュバックなし
WIFIルーター(WX03、W04、W03、W02、novas Home+CA、HOME L01)無料
WX03のクレードルは3,650円
W04のクレードルは別途3,150円
W03のクレードルは別途2,750円
登録手数料は3,000円

月額2,699円(サービス開始月〜2ヶ月)
月額3,353円(3ヶ月〜24ヶ月)
月額4,263円(25ヶ月〜)

25ヶ月目以降の月額料金が変更になりました。長期割により月額4,849円 → 月額4,263円。長く利用すると月額料金が高くなる歪な料金設定が改善されました。(2016年7月1日) しかし、端末のバッテリーの消耗を考慮すると、契約解除料金が発生しないタイミング(2年)で契約の切り替えをオススメします。 サービス開始月は日割り計算での費用が発生します。

So-net モバイル WiMAX 2+

ソニー系列の安心感と月額費用の安さから売れています。チャットで気軽にso-net申し込みサポートに相談できるのもポイントです。キャッシュバックキャンペーンは、GMOとくとくBBと同様に、受け取りの条件が厳しいので注意して下さい。

  • キャンペーン期間:2017年5月31日(水)まで
公式サイト 評価・レビュー
公式キャンペーンはこちら ↓

So-net モバイル WiMAX 2+の評価・レビュー
キャッシュバック受け取り方
キャッシュバックキャンペーン
キャッシュバック20,000円
WIFIルーター(WX03、W04、HOME L01)無料
WX03の「クレードルセット」は別途3,565円
W04の「クレードルセット」は別途3,150円
登録手数料は3,000円

月額0円(サービス開始月)
月額3,495円(1〜2ヶ月)
月額3,980円(3〜24ヶ月)
月額4,179円(25ヶ月〜)

月額割引キャンペーン
キャッシュバックなし
WIFIルーター(WX03、W04、HOME L01)無料
WX03の「クレードルセット」は別途3,565円
W04の「クレードルセット」は別途3,150円
登録手数料は3,000円

月額0円(サービス開始月)
月額1,480円(1ヶ月〜2ヶ月)
月額3,480円(3ヶ月〜24ヶ月)
月額4,179円(25ヶ月〜)

BIGLOBE WiMAX2+

今月は2種類のキャンペーンが展開されています。20,000円のキャッシュバック、もしくは21,600円分のGポイントがもらえます。

先月まで、月額割引キャンペーンがあったのですが、たった1ヶ月で終わってしまいました。若干迷走気味の印象です。キャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンでよいと思うのですが・・・・サービスは素晴らしいだけに残念です。

キャッシュバックの金額では、GMOとくとくBBと比べると見劣りします。しかし、キャッシュバックの受け取りは簡単。またプロバイダーの信用度が高いのもポイントですね。

  • キャンペーン期間:2017年5月31日(水)まで
  • 最短2日で発送
公式サイト 評価・レビュー
公式キャンペーンはこちら ↓

BIGLOBE WiMAX2+ 評価・レビュー
キャッシュバックの受け取り方
キャッシュバックキャンペーン
NEC製WX03は「キャッシュバック20,000円」
・ クレードル別売り5,265円
huawei製W04は「キャッシュバック20,000円」
・ クレードル別売り5,900円
huawei製W03は「キャッシュバック20,000円」
・ クレードル別売り4,450円
huawei製Speed Wi-Fi HOME L01「キャッシュバック20,000円」
登録手数料は3,000円

月額0円(サービス開始月)
月額3,695円(1ヶ月〜2ヶ月)
月額4,380円(3ヶ月〜24ヶ月)
月額4,380円(25ヶ月〜)

Nifty WiMAX2+

Niftyは、20,100円のキャッシュバックと3ヶ月間の利用料無料(WiMAX2+ Flat 2年 ギガ放題のみ)というキャンペーンを展開しています。キャッシュバックの金額は、So-netやBiglobeと同水準です。あと少し月額利用料が安ければ、ユーザを一気に獲得できるはずなんですが・・・

しかし、日本を代表するプロバイダーのひとつであるNiftyのサービスなので間違いありません。

  • キャンペーン期間:2017年5月31日(水)まで
公式サイト 評価・レビュー
公式キャンペーンはこちら ↓

Nifty WiMAX2+ 評価・レビュー
キャッシュバックの受け取り方
キャッシュバックキャンペーン
NEC製WX03は1円。「キャッシュバック20,100円」
・ クレードルセットは3,565円
huawei製W04は1円「キャッシュバック20,100円」
・ クレードルセットは2,750円
huawei製Speed Wi-Fi HOME L01は1円「キャッシュバック20,100円」
登録手数料は3,000円

月額0円(サービス開始月〜2ヶ月)
月額4,350円(3ヶ月〜24ヶ月)
月額4,350円(25ヶ月〜)

UQ WiMAX2+

WiMAX界の王様。しかし、MVNOのキャンペーンと比較してしまうと見劣りするのは事実。ただ、UQは回線を借りるMVNOとは違い貸す立場のMNOです。株やFX、ゲームなど、回線に安定性を求めるユーザに人気です。要するに、WiMAXでUQより信頼性の高いプロバイダーはないということ。今なら、3,000円のJCBギフトカードがもらえます。

  • キャンペーン期間:2017年6月1日(木)8:59まで
  • 即日発送対応
公式サイト 評価・レビュー
公式キャンペーンはこちら ↓ UQ WiMAXの評価レビュー
サービス(キャンペーン)
3,000円のJCBギフトカード
月額3,696円(最初の3ヶ月)
月額4,380円(3ヶ月以降)

使い放題・おすすめのポケットWIFI

WiMAXと比較してポケットWIFIを使うメリットは電波が強いことです。ワイモバイル回線を使ったMVNOは沢山ありますが、WIMAX系MVNOのような豪華なキャンペーンがないため本家とも呼べるワイモバイル・Yahoo WIFIでの契約をおすすめします。

ワイモバイルとYahoo wifiの違いは、Yahooプレミアムに加入しているユーザ向けのサービスがYahoo Wifiで、それ以外の一般ユーザ向けのサービスがY!mobile(ワイモバイル)です。サービスとしては、ほぼ同じです。

回線はソフトバンク4G LTEとワイモバイルLTE、ソフトバンク4Gの3つの電波を拾うので田舎でも安心して利用できます。15時までのお申込みで最短翌日到着というのも魅力的ですね。

Yahoo Wifi・ポケットWIFI

ポケットWIFIの問題は、使い放題のサービスが502HWキャンペーンしかないことです。Yahooプレミアムに加入している方のみのサービスになるので、以下の料金とyahooプレミアムの料金462円が必要です。ただし、キャンペーン期間はyahooプレミアムが3ヶ月間無料になります。

通信方式「AXGP」の提供エリアで月間データ容量による速度制限がなく利用できるのがアドバンスオプションです。

  • 端末は502HWのみ
  • Yahooプレミアム・会員費462円
  • 契約事務手数料3,000円
商品到着〜3ヶ月 〜3年間 4年目〜
3,696円 4,380円 4,880円
  • 使い放題のサービスに対応しているWIFIルーターは502HWのみ
  • 即日発送対応


データ利用制限あり・おすすめのポケットWIFI

ポケットWIFIとWiMAX、どちらも月間のデータ通信量が7Gまでのプランがあります。

現在では使い放題のサービスが人気となっていますが、家に固定回線(光やADSL)がある方で、月額費用を安く抑えたいなら、月間7GBまで使えるポケットWIFIを選ぶのはアリかもしれません。

月間のデータ量が7GBを超えてしまうとどうなるのか

月間のデータ通信量が7GBを超えてしまうと、月末までの通信速度が送受信最大128kbpsに制限されてしまいます。日頃からyoutubeやニコニコ動画、hulu、DAZNなどの動画サービスを利用するなら、使い放題のサービスをおすすめします。

Yahoo wifi・ポケットWIFI

おすすめのポケットWIFI ランキングNO1安さで選ぶならYahoo wifiです。契約期間は3年。Yahoo wifiはYahooプレミアムに加入している方のみのサービスです。未加入の方はyahooプレミアムに申し込む必要があります。

yahooプレミアムの料金は月額462円。ただし、キャンペーン期間なのでyahooプレミアムが無料(半年間)になります。

  • キャンペーン期間:6月30日(金)15:59まで
  • 即日発送対応
公式サイト 評価・レビュー
公式キャンペーンはこちら ↓

ワイモバイル・ポケットWiFiの評価・レビュー
サービス(キャンペーン)
業界最安の月額1,980円(申し込みから12ヶ月)
2,480円(12ヶ月〜36ヶ月)

2,980円(4年目〜)

GMOとくとくBB WiMAX

おすすめのポケットWIFI ランキングNO2キャッシュバックキャンペーンで大人気のGMOとくとくBBにも「通常プラン」と呼ばれる格安プランがあります。yahoo Wifiよりも割高ですが高性能なモバイルWIFIルーターを選ぶことができます。

  • キャンペーン期間:2017年5月31日(水)まで
  • 20日以内ならキャンセル可能
公式サイト 評価・レビュー
公式キャンペーンはこちら ↓

GMOとくとくBB WiMAX2+ 評価・レビュー
サービス(キャンペーン)
登録手数料は3,000円

月額2,699円(サービス開始月〜24ヶ月)
月額3,609円(25ヶ月〜)

ポケットWIFIをレンタルするには

実際にポケットWIFIに申し込む前にレンタルすることもできます。しかし、すでにWiMAX回線は十分に利用エリアが広がっていることや身の回りの人でWiMAXを利用している人が多いこと、また、GMOとくとくBB WiMAXの申し込みが、20日までなら返却可能になったことでいきなり申し込む人が増えています。

とにかく、通信状況が不安定な建物や利用エリアぎりぎりに住んでいるなら、UQのTry UQ WiMAXというサービスがおすすめです。

Try UQ WiMAXとは

当サイトでも紹介しているUQのWIFIルーターが15日間無料でレンタルできるサービスです。注意したいポイントは、WIFIルーターが届いてから15日ではなく、発送から返却までの期間が15日です。

  • 要するに、お試し利用できる期間は10日〜12日程度。

申込みに必要な物はクレジットカードぐらいです。しかし、VISAデイビットカードの場合は、WEBからの申込みはできません。

当記事とあわせて読みたいおすすめポケットWIFI情報

通信販売のメリットやデメリットについて
ポケットWIFIを通販で購入する

WIMAXを自宅やオフィスに設置して、みんなで使えるインターネット環境を手に入れるならホームルーターまとめ
WiMAX ホームルーター

最短即日発送してくれる優良プロバイダーまとめ
即日発送可能なプロバイダー

以上、「おすすめのポケットWIFI」でした。