Speed Wi-Fi NEXT WX04評価・レビュー | おすすめのポケットWifiはなに?

9月1日 「おすすめのポケットWIFI」修正。
9月1日 「9月のキャンペーン情報更新」

Speed Wi-Fi NEXT WX04評価・レビュー

speed-wifi-next-wx04レビュー
これまでWiMAXを支えてきたNECのWXシリーズに新端末が登場します。WX03の発売から1年、待っていた人も多いことでしょう。

そこでレビューとなるわけですが、以下の2点を中心にチェックします。

  • 人気端末はどのように進化したのか?
  • ライバルとなる端末と比較するとどうなのか?

Speed Wi-Fi NEXT WX04は買いなのか

  • WX04の特徴とWXシリーズの流れ
  • WX04の5つのメリット
  • WX04のデメリット
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04のスペック
  • 他の端末との比較・選び方
  • WX04キャンペーン情報

WX04の特徴とNEC・WXシリーズの流れ

まず、WXシリーズで4代目となる端末がWX04です。

WX01→WX02→WX03→ WX04(新発売 11月1日)

WX03とWX04の比較

WX03までのNEC端末は、au 4G LTE回線が利用できませんでした。しかし、WX04から対応可能。これが大きなポイントです。

しかし、通信速度はWX03はW04と同じです。回線が同じモノなのでどうすることもできないのですが、新端末に速度の向上を求めていたユーザは残念ですね。

もちろん新端末、好評であったWX03の機能にプラスして新しい便利な機能が実装されています。

WX04のメリット

WX04のストロングポイントはなにかというと↓

  1. 通信速度(下り最大440Mbps/上り最大30Mbps)
  2. モバイルWi-Fiルーター初のビームフォーミング対応
  3. Wウイングアンテナ搭載のクレードルで宅内でより快適になった
  4. 大容量バッテリーを搭載
  5. 省電力機能の追加

通信速度

WiMAX 2+で4×4 MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)を実現したことで下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsに対応。

これはWiMAXの新端末なら当然のことですね。一般的なユーザとしては回線速度がこれ以上速くなっても体感することが難しいレベルです。回線の最大速度よりも電波の強度を上げた方が利便性が高まるはず。

下り 上り
最大440Mbps 上り最大30Mbps

ビームフォーミング対応とはなにか

部屋に設置するタイプのWIFIルーター(無線LAN)で利用されていたビームフォーミング。モバイルWi-Fiルーターでは初の対応機種となったそうです。

そもそもビームフォーミングとは電波を集中的に発射する技術。電波は全方位に放射されるのが一般的ですが、これを特定の方向に狙い撃ちする機能。

要するに、WX04があなたのスマホやノートパソコンの位置を把握して聞き耳を立てるようなイメージです。
TX Beam forming

この技術によりスループット(処理能力)が約20%向上。

ビームフォーミングで注意したいポイント

ビームフォーミング対応はWiMAXの基地局とあなたのWiMAX端末間の通信の話ではなく、あなたのWiMAX端末とスマホやノートパソコン間の話です。

WIMAX基地局 → WX04
WX04 → スマホ、パソコン、タブレット、プレステなど

クレードルに拡張アンテナを搭載

拡張アンテナはWX03のクレードルでも実装されていましたね。それがパワーアップしてます。

ポケットWIFIやWiMAXの1番のウイークポイントはアンテナです。ズボンのポケットにも入るサイズを維持しながらアンテナの受信感度を高めることは難しいワケです。外出しているときは問題ないのですが、室内に入ると遮蔽物が多いので電波が受信しにくい。

そこで拡張アンテナです。クレードルの側面にWウイングアンテナとよばれる2枚のアンテナを搭載しています。クレードルは有料のプロバイダーが多いので、クレードルにお金を払うことを躊躇ってしまう人がいるのも理解できるけど、これは買いですよ。

Wウィングアンテナ

要するに、でかいアンテナは正義です。それもでクレードルを購入しないなら拡張アンテナを自作しましょう。

バッテリーが大容量になった

HUAWEIが片手で持てるデザイン性を優先してバッテリー容量を減らしたのに対してNECは大容量化。ヘビーユーザーとしては1番嬉しいポイント。裏蓋を外してバッテリーの交換も可能です。

NEC HUAWEI
WX04 WX03 W04 W03
3,200mAh 2,890mAh 2,750mAh 3,000mAh

大容量なのに充電が速い

充電はマイクロUSBではなくUSB Type-Cになるので急速充電可能。しかも、ケーブルの上下を意識すること無く利用できるのもポイントです。

省電力機能の追加、スケジュール機能とワンタイム機能

スケジュール機能を使うと端末のオン・オフを設定することができます。

ワンタイム機能は、au 4G LTEを一時的に利用する機能です。この機能を利用することで、LTEを切り忘れて通信速度制限に掛かってしまうリスクを避けることができます。

「ワンタイムHS+A(ハイスピードエリア)」から「ハイスピードモード(WiMAX2+のみ)」に自動的に切り替わるワケです。

もちろん設定は端末のタッチパネルとスマホアプリから可能。
wx04-機能-onetime-hs-a

WX04のデメリット

こでまでWXシリーズ最大のデメリットがau 4G LTEが利用できなかったことです。LTEも実装され死角なしと言いたいところですがデザインまでWX03を引き継いでいます。オッサンの感性の問題かもしれないけど。

ちなみにカラーは2種類。どちらも綺麗な色です。

  • アクアブルー
  • クリアホワイト

でも・・・デザインはhuaweiですね。

Speed Wi-Fi NEXT WX04のスペック

SPEED WIFI WX04スペック
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
カラー 2色(アクアブルー、
クリアホワイト)
サイズ 約111×62×13.3mm
重量 約128g
バッテリ容量 3,200mAh
連続通信時間
ハイスピードモード
ハイパフォーマンスモード:約8.1時間
ノーマルモード:約11.5時間
エコモード :約13.8時間
連続通信時間
ハイスピードプラスエリアモード
ハイパフォーマンスモード:約8時間
ノーマルモード :約10.5時間
エコモード :約13時間
通信規格 WiMAX 2+、au 4G LTE
接続台数 Wi-Fi機器:10台/Bluetooth機器:3台/USB:1台
対応OS Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 7(SP1 以降) の日本語版かつ32bit(x86) 版、または、64bit(x64) 版、macOSSierra v10.12(Intel)、OS X v10.11(Intel)、v10.10(Intel)、OS X v10.9(Intel)、v10.8(Intel)、v10.7(Intel)、Mac OS X、v10.6(Intel)、v10.5(Intel)の日本語版
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/n/ac(5GHz)、IEEE802.11b/g/n(2.4Ghz)
ディスプレイ 約2.4インチ
外部端子 USBポート:USB3.0コネクタ(Type-C)

他の端末との比較(W05)・選び方

NECのWX04とhuawei製W05、どちらの端末もWiMAX2+とau 4G LTEの回線が使えるWiMAXの最新端末です。

Speed Wi-Fi NEXT W05の評価レビュー

回線の速度ではW05にアドバンテージがあります。しかし、W05は、大容量バッテリーや拡張アンテナを搭載したクレードル、ビームフォーミングに対応していることから優劣をつけるのが難しい状況ですね。

  • 私はバッテリーの持ちを重要視するのでWX04にしました。

WX04キャンペーン【9月】

キャッシュバック 端末代金
GMOとくとくBB 41,000円
39,000円+クレードル
無料
クレードル別売(3,686円)
So-net WiMAX2+ なし【注1】
Biglobe WiMAX2+ 【注2】
30,000円【クレジットカード】
無料
クレードル別売(3,686円)
UQ WiMAX2+ 10,000円【注3】 2,800円
クレードルセット(5,800円)
Nifty WiMAX2+ 30,000円 1円
クレードル別売(3,565円)

  • 【注1】So-netのキャッシュバックキャンペーンは6月で終了し、W04限定キャンペーン(月額割引+クレードル無料)のみとなりました。
  • 【注2】Biglobeは支払い方法でキャッシュバックが異なります。
  • 【注3】UQのキャッシュバックはJCBギフトカード。

人気プロバイダーの徹底レビューはこちら ↓

モバイルWIFIランキング(ポケットWIFI・WiMAX)
おすすめのポケットWIFI

「Speed Wi-Fi NEXT WX04評価・レビュー」でした。