ワイモバイル 「305ZT」評価・レビュー | おすすめのポケットWifiはなに?

  5月26日 「おすすめのポケットWIFI」修正。
  5月24日 「自宅のWIFIとポケットWIFIの違い」修正。
  5月22日 「一人暮らしでポケットWIFIを使うなら」修正。

ワイモバイル 「305ZT」評価・レビュー

使い放題の端末として売られているワイモバイルのポケットWIFI・305ZTについての評価・レビューです。少し大きめサイズの高性能端末・305ZTについてみていきましょう。

もし、自宅のネット環境を305ZTに依存するなら要注意。しっかりと305ZTの特徴を把握した上で、購入に踏み切って下さい。

ポケットWIFI・305ZT

305ZTの端末を調査する

CA(キャリアアグリゲーション)に対応するハイスペック端末である305ZTは、約2700mAhの大型バッテリーを搭載しています。

スペックでは駆動時間は9時間となっていますが、実働時間は7時間ぐらいでしょうか。

サイズは、大きめのバッテリーの影響かと思われますが他のポケットWIFIよりも大きめの117mm x 62mm x 13.9m。色は写真のラピスブラックのみになります。

メーカーは中国のZTE Corporationです。この端末に限って言えば、中国製=低品質の図式は成り立ちません。側面にスライド式の電源スイッチがあるのは、モバイルWIIFでは珍しいのですが、個人的には大正解だと思います。

理由としては、ポケットに入れて持ち運ぶとなると、押しボタンタイプはポケットの中で勝手にスイッチがオン・オフを繰り返すことがあるので、側面スライド方式のスイッチは理にかなっています。

利用できる通信方式

ユーザが通信方式を選択するのではなく、自動的に下記ネットワークにつながります。

  • ソフトバンク4G(AXGP)・利用する周波数は2.5GHz
  • ソフトバンク4G LTE(FDD-LTE)・利用する周波数は2.1GHz
  • ワイモバイル LTE ネットワーク(W-CDMA)・利用する周波数は1.7GHz

ワイモバイルの最大速度について

WiMAX2+では220Mbpsに対応しているので理論値で比較すると分が悪いのですが、youtubeの閲覧するのに実測5Mbpsもあれば十分なように、スピードは問題ありません。

  • 下り165Mbps
  • 上り10Mbps

制限について

使い放題の305ZTでも1ヶ月間で7Gを超えると速度制限があります。305ZTのサービスは制限の解除が無料でできるサービスと呼ぶべきでしょうか。もうひとつの制限は3日で1Gの速度制限です。制限について順番にみていきましょう。

月間7G制限とは

使い放題の305ZTですが、月間7Gのデータ使用で速度制限が掛かります。速度制限が掛けたれた時の速度は128kbpsです。この速度は、懐かしのISDNの速度ですね。もちろん解除可能です。

解除の方法は2種類

端末での解除は、届いたメーセージにある解除ボタンを押すだけです。解除すると通信制限なしで500Mインターネットが楽しめます。インターネットを利用していて、遅くなったら速度制限の解除をする。それを繰り返す必要があります。もうひとつの方法は、MyY!mobileにログインして解除します。

  • 端末からの解除
  • MyY!mobileからの解除

3日で1G制限が掛かることも

3日で1G以上利用すると当日6時~翌6時まで24時間の通信制限が発生します。3日1GB規制が適用されている方の声をたくさん聞きますが、規制されていない方もいるようです。速度は公表されていませんが、実測で0.5Mbpsぐらいです。動画サービスは厳しいのですが通常のブラウジングなら大丈夫です。

通信制限のまとめ

現在、305ZTのキャンペーン期間中で3年間使い放題になります。制限を解除するのは少し面倒かもしれませんが、305ZTはとてもよい端末ですよ。

こんな方に305ZTはおすすめ

ロケーションにもよりますがWiMAXより高周波を利用していることからWIFIの電波は強いです。高速なWIFI通信規格であるIEEE802.11ac(5GHz)に対応しているので、他の電波(電子レンジやコードレス電話機など)との干渉が少ないことがポイントです。

自宅にインターネット回線がある方で、外出時に利用する端末として「305ZT」ならありです。

ワイモバイル 「305ZT」評価・レビュー・まとめ

  • 端末は中国製だけど、恐ろしいほどハイスペック。
  • 使い放題のサービスが今後も継続されるのかどうかは、ワイモバイル次第。
  • それでも、固定回線(光回線やADSL)と305ZTの併用なら満足できるはず。

料金は魅力的ですが、固定回線なしでインターネットを305ZTに依存するのはやめておきましょう。自宅では固定回線、外ではポケットWIFI・305ZTと使い分けるならオススメです。

現在のワイモバイルでは、502HWが使い放題の端末に指定されています。305ZTと比較してみると、スペック的に大きな差はありません。新規キャンペーン対応の502HWはバッテリーが多少大きくなっています。

品名 305ZT 502HW
メーカー ZTE huawei
サイズ 約W117×H62×D13.9mm 約W104×H60×D18.3mm
重量 約150g 約150g
バッテリー容量 2,700mAh 3,000mAh
最大速度 FDD-LTE:下り最大112.5Mbps・上り最大37.5Mbps
AXGP:下り最大165Mbps・上り最大10Mbps
FDD-LTE:下り最大112.5Mbps・上り最大37.5Mbps
AXGP:下り最大165Mbps・上り最大10Mbps
同時接続台数 14台 10台



あわせて読みたいポケットWIFI情報

ポケットWIFIやWiMAXのサービス選びやランキングはこちら
おすすめのポケットWIFI

ポケットWIFIをネット通販で申し込むメリット・デメリット
ポケットWIFIを通販で購入するには

申し込むとすぐに商品を発送してくれる優良プロバイダー一覧
即日発送可能なプロバイダー

以上、「ワイモバイル「305ZT」評価・レビュー」でした。