LTEとは? | おすすめのポケットWifiはなに?

  5月26日 「おすすめのポケットWIFI」修正。
  5月24日 「自宅のWIFIとポケットWIFIの違い」修正。
  5月22日 「一人暮らしでポケットWIFIを使うなら」修正。

LTEとは

LTEについて

ワカランA子
友達A・・・「やっぱりLTEは速いよね。」
友達B・・・「LTE対応のスマホに変えたから快適だわ。」

・・・・そもそもLTEってなに?(汗)

ニュースや職場などで、LTEという言葉を何度も耳にしたこともあるはずです。ポケットWIFIやWiMAXだけでなく、スマートフォンでも利用される無線通信規格のLTEについてみていきましょう。

管理人・モバスケ
目次:

  • 高速モバイルデータ通信について
  • 最近話題の「LTE」について
  • LTEの正式名称とは
  • LTEと4Gの違いについて
  • LTE Advancedとは

高速モバイルデータ通信について

LTEとは「高速モバイルデータ通信」です。最新のモバイルWIFIやスマートフォンなどで使われている高速でデータのやりとりが可能な新技術です。一世代前の3Gという規格より、圧倒的に速いインターネット環境が一般ユーザでも使えるようになりました。

だから、みんなLTE・LTE!と連呼しています。

#注意して欲しいのポイントは、LTEのことをLEDと言ってしまうことでしょうか。職場だと、うっかりミスで上司としての威厳が損なわれてしまいますので注意しましょう。LTEです。

最近話題の「LTE」について

LTEとは通信規格のひとつで、スマートフォンや携帯電話、ポケットWIFIなどで使われる高速モバイルデータ通信です。第3世代の通信規格である3Gから進化した次世代の通信規格です。

3G通信と4G通信の一覧

通信規格一覧表
3G WCDMA
3.5G HSPA,HSPA+
3.9G LTE, WiMAX
4G LTE Advance,WiMAX2+

LTEの正式名称とは

正式には、Long Term Evolution(ロング ターム エボリューション)と呼びます。日本語に訳すと「長期的な進化」です。

私もIT業界で仕事をしていますが、エンジニア仲間や取引先の人が「ロング・ターム・エボリューションがさぁ」などと話しているのを聞いたことがありませんので、正式名称を覚える必要はありません。LTEもしくは4Gで十分です。

LTEと4Gの違いについて

3G及び4G通信にはいくつかの種類があります。その一部がLTEです。国際電気通信連合という偉い人達が呼び方を決めています。

これまでメインとして利用されてきた第3世代の通信規格を第4世代へ移行するための中間通信技術です。厳密に言えば4Gではなく3.9Gです。しかし、国際電気通信連合がLTEを4Gに加えたことでLTEは4Gの仲間入りしました。

LTE Advancedとは

LTE Advancedとは3.9GであるLTEと互換性を持ちながら、不規則な周波数帯をまとめることで飛躍的に通信技術を高めたものです。理論的には光回線と同じレベルの通信が可能です。

例えば、ドコモが提供するXi(クロッシィ)やau 4G LTE、WiMAX2+などのCA(キャリアアグリゲーション)に対応したものがLTE Advancedです。

WiMAXについて

モバイルWIFIで有名なWiMAXもLTEと同じ4Gへの足がかりとなる通信技術です。こちらも厳密に書くと3.9Gですが4Gの通信にカテゴライズされています。しかし、WiMAX2+は完全な4Gになります。

ポケットWIFIについての記事一覧

LTEの速度について
ポケットWIFI・モバイルWIFIとは
自宅のWIFIとポケットWIFIの違い
おすすめのポケットWIFI

以上、「LTEとは」でした。