ポケットWIFIの電波状況を改善する方法 | おすすめのポケットWifiはなに?

  5月26日 「おすすめのポケットWIFI」修正。
  5月24日 「自宅のWIFIとポケットWIFIの違い」修正。
  5月22日 「一人暮らしでポケットWIFIを使うなら」修正。

ポケットWIFIの電波状況を劇的に改善する方法

ポケットWIFIのアンテナ改良

モバイルWIFIのサービスエリア内にいるのに電波が拾えない場所が存在しますよね。例えば、高層ビルの密集しているエリアや地下など。

ポケットWIFIの利用エリアであることが条件になりますが、その悩みはアンテナを拡張することで解決する可能性があります。当記事で紹介する3つの方法で、誰でも簡単にポケットWIFIの電波感度を飛躍的に高めることができます。ぜひ、お試しください。

#ポケットWIFIやWiMAXをお持ちでない方は携帯電話でも効果を実感できます。回線の種類が違っても電波は電波です。

管理人・モバスケ
目次:

  • 電波状況が劇的に向上する3つの方法
  • ・簡易パラボラアンテナを作る【パターン1】
  • ・簡易アンテナを作る【パターン2】
  • ・簡易アンテナを作る【パターン3】
  • 3パターンの電波強度について
  • まとめ・ポケットWIFIの電波状況を劇的に改善する方法

電波状況が劇的に向上する3つの方法

当サイトで紹介する3パターンは、どれも電波が金属に反射する特性を活かした対処方法です。参考動画では、ポケットWIFIではなくWIFIの電波を改善する方法を紹介していますが、ポケットWIFIでも方法は同じです。

簡易パラボラアンテナを作る【パターン1】

金属は電波を反射しますので、台所にあるボールをパラボラアンテナのように利用する方法です。ステンレスのボールだと土台に固定することが難しいので、プラスチックボールをおすすめします。

プラスチックボールを使うときは、内側にアルミホイルを貼り付け、その中心にポケットWIFIを配置します。ボールを固定するものはまな板を置く台などを利用して工夫しましょう。

  • 製作時間:20分
  • 容易するもの:ボール・アルミホイル・まな板置き場(ボールを支える台として利用)

参考動画:Wifi antenna booster dish

簡易アンテナを作る【パターン2】

パターン1が面倒な場合、もっとお手軽に作成できるのがパターン2.3になります。アルミホイルでポケットWIFIを囲ってしまいましょう。それだけです。今すぐ試すことができるのではないでしょうか。

  • 製作時間:3分
  • 容易するもの:アルミホイル

参考動画:WIFI Antenna Booster

簡易アンテナを作る【パターン3】

アンテナ(ポケットWIFI)を切り取った空き缶で囲むだけ。固定するために多少の工夫が必要かもしれません。セロテープがあると良いかも。

  • 製作時間:5分
  • 容易するもの:空き缶・カッター

参考動画:Beer Can WiFi Booster!

3パターンの電波強度について

BSやCSのアンテナは、なぜあのカタチをしているのでしょうか。効率的に電波を拾うためです。効果を実感したいなら間違いなく1がおすすめです。大きいアンテナは正義です。

パターン1>パターン3>パターン2

ポケットWIFIの電波状況を劇的に改善する方法・まとめ

3パターンのどれでも電波状況は改善します。部屋の中でも電波の強い場所・弱い場所があるのでアンテナの方向を変えて、最適な場所や角度を見つけましょう。

もう一度書きます。電波状況は劇的に改善します。ポケットWIFI・モバイルWIFIが遅い原因については下の記事も参考にして下さい。

ポケットWIFIが遅い原因とは

以上、「ポケットWIFIの電波状況を劇的に改善する方法」でした。